妖乱○○帳

プロスノーボーダー中村陽子のブログ。

面白出来事日々追求中・・・

★TV出演のお知らせ★ BS-TBS『世界人』
<< 愛車、ジムニーちゃん。 | main | 梅酒づくり。2012 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
赤字丼@長沼町




もう、


カレコレ、



数年も気になっていた存在。




長沼町に向かう途中に、



ド、ドーーーンと




名物 赤字丼



ってデッカい看板はご存知ですか?



完全に写真は撮り忘れましたけども。w




ずっと
気になっていた存在。



ついに、その謎を明らかにすることに!!



待たせるB型女子MEGUMIと一緒に、長沼へ。




道中、
赤字丼について妄想する・・・




粋なオヤジがいてさ?


オヤジ「町長!
    
    オレは考えたんだよ。
    
    この長沼に名物をつくらねぇか?」



つってさ?

実際、町長にみせるわけよ、その試作品を。




町長「こ、これは・・・!!!確かにこれは名物になる!

   ・・・だけど、店長。

   
   これじゃお店の利益があがらないんじゃないか?
   それに、言いにくいが、お店の経営だって・・・」


オヤジ「あぁ、そりゃぁ、うちだって、儲かってるってわけじゃねぇ?
    
    だけどな、町長。
    オレはな、長沼という町が好きなんだ。

    もっと、もっと、地方から長沼に人が来てもらって、
    ここの良さを知ってもらいてぇんだよ。

    だったら、
    お客さんに喜んでもらって、
    また長沼に来よう!って思ってもらえたら、

    赤字だって構わないんだよ。うちは。」



町長「・・・そこまでして・・・この町のことを・・・

   店長、

   この長沼町新名物は何という、名前なんだい?」




オヤジ「・・・・コイツの名前は、


     赤字丼!!!」




粋!!!!


粋だぜ、オヤジー!!!!




って勝手な妄想を膨らませ、

ついたお店は・・・



予想に、





反して、

正面、





けっこう立派。ww



儲かってんじゃねぇか。

やったなオヤジ!!!w

(あくまで妄想は続く)



仕出しや、宴会もやっているお店で、
2階もあってかなり広いお店。

地元でも人気店なのか、
平日だからか、
けっこうお仕事な感じの人が多かったかな。



席について、
メニューをみる。

あったあった、赤字丼。




赤字丼は、エビ天丼のことでした。


ちなみに黒字丼は、カニ天。
どっちが赤で黒かとかっていうかは、

完全にお店は黒字でしょう。w


きっと、オヤジがさ?

オヤジ「赤字覚悟の、
    この赤字丼のおかげで、
   
    うちの店は、大盛況だ。

    これも、お客様のお陰だ。
    これを忘れちゃ、いけねぇ。なぁ、母さん。

    うちだけが、いい思いしてちゃ、いけねぇ。
    だから、オレは感謝の意をこめて、
 
    このメニューを出すぞ。」


妻「あんた・・・これじゃ、あがりってもんはないね。

  でも、あんたが、そういうなら、
  あたしは、何も言わないよ。

  どうせ言ったって、なにも聞かないんでしょう?


  さぁさ、みんな!新しいメニューだよ!
  これからもっと忙しくなるから、覚悟するんだよ!」



粋!!!!


粋だぜ、オヤジー、女将!!!!


(妄想再び)




とにかく、見てわかる通り、赤字丼推しがパネェ。

このメニューなんて、






マッタクモッテ、

意味不明!!!


なぜ、バカ殿風!!!?





でも、
こういうセンス。

大好物です!!!ww



もちろん、
赤字丼2つを注文。

店員さんには、
けっこうサイズが大きいので、

食べきれない場合はプラスチックの容器に入れて、
持ち帰れますので・・・

と言われ、


いえ、

私たち、食べきれると思います!




と、

いつまでも自分の胃袋が20代前半と過信し、

大見栄切るアラサー女子2人。




ほどなくして、

店員さんが運んできた赤いお盆の上には・・・・


ドンッ!(丼)






ド、ドンッ!!!
(丼)


赤字丼1200円


このボリューム、


たしかに、


赤字モンである。


器からはみ出しまくってる
エビ天5本の大きさはお箸を見て。w


それでは、実食!

いただきます。




衣が、さっくさく!

久しぶりに、

うまい天丼食べた!!!



うまいうまい、とぱくぱく進むが、

エビ天4本目。


いきなり、

お箸が、進まない。


さくさくとはいえ,
天ぷらの油っこさと、

ボリューム、


アラサーの胃袋には堪えるぜよ!!!


なんとか4本目食べて、残り一本。



MEGUMIの箸も止まる。




今更、

持ち帰りたいので、
プラスチックのやつください!


なんて、口が裂けても言えねぇ!!!




箸休めとして?
塩辛と南蛮の山椒漬けがある意味がわかりました。

味を、変えて、行けという、



オヤジの優しさ。(妄想再び)





あとは、
もう気合いと根性と、熊落としで胃袋に押し込む。

奥の手、衣を剥がす。を使ってなんとか、


完食!!!


あのポーズ。w 衣が飛び散りすぎ。w



赤字丼、

その名に恥じぬ、

長沼の名物でした。




ハンパなかったっす。



オヤジ、ごちそうさま。(妄想は果てしない。)







ただ、

30歳すぎて、
美味しくいただけるのは、
エビ天3本ということがわかりました。w

次は、
持ち帰る事も視野に入れておこう。ww




是非、

長沼町の名物赤字丼、


ご賞味くだされ。






_____________________________

いわき

夕張郡長沼町中央南1-6-30
TEL:0123-88-0122
営業時間:11:00〜15:00(ランチ営業)
定休日:火、土、日

_____________________________



| グルメモ帳 | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | yo-ran |
スポンサーサイト
| - | 22:05 | - | - | スポンサードリンク |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yo-ran.jugem.jp/trackback/609
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
COUNTER
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS